2003年度の医療事業報告
及び2004年度の計画

ペシャワール会現地代表・PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
中村哲
ペシャワール会報80号より
(2004年07月07日)

2003年度は160,389名が診療を受けた。ペシャワール基地病院、各診療所の実績は下記表1の通りである。

 ダラエ・ピーチ渓谷の「沖縄ピースクリニック」は、2003年9月に落成したが、同時期に米軍の活動が活発となり、建設・移転が難航した。ワマ診療所も改築中、ラシュト診療所は増築中である。

沖縄ピースクリニック(2003年9月)

増築中のラシュト診療所(2004年6月)


 PMS(ペシャワール会医療サービス)基地病院では、高給を求める医師、看護師、検査技師が大挙してカーブルに移り、一時診療態勢が危機に陥った。その上、水路建設事業のための重機や資機材調達、急増した日本人ワーカーの世話に忙殺されて過重な負担となったものの、よく持ちこたえて従来規模の診療が継続されている。藤田院長代理の指導下で、中山会計担当、仲地医局長、坂尾検査技師ら、が長期に安定して働き始めたのは大きな成果であった。

医療計画(PMS病院直轄)は当面、既設の以下の診療所に限定、診療所を基点に周辺へフィールドワークを行う。
診療所 場所 カバーする人口 外来診療能力
(1日あたり)
ラシュト診療所 パキスタン/チトラール北端 約20,000人 50名
ダラエ・ヌール診療所 アフガニスタン/ニングラハル州 約70,000人 150名
ダラエ・ピーチ診療所 アフガニスタン/クナール州 約120,000人 150名
ワマ診療所 アフガニスタン/西部ヌーリスタン州 約40,000人 80名



表1.PMS基地病院と各診療所の治療数(2003年度)
国名 パキスタン アフガニスタン  
地域名 ペシャワール市内 チトラール地域 ニングラハル州 クナール州 ヌーリスタン地域  
病院・診療所名 PMS病院 ラシュト診療所 ダラエ・ヌール
診療所
ダラエ・ピーチ
診療所
ワマ
診療所
総数
診療総数 58,472 4,735 4,4089 37,152 15,941 160,389
外来総数 50,537 4,584 42,680 35,500 14,969 148,270
【外来の内訳】
一般外来
49,437 4,566 40,632 32,548 14,667 141,850
ハンセン病 110 4 12 3 0 129
てんかん 656 0 219 76 10 961
結核 36 5 2 0 20 63
マラリア
リーシュマニア
298 9 1,815 2,873 272 5,267
入院総数 1,773 - - - - 1,773
【入院患者の内訳】
ハンセン病
178 - - - - -
ハンセン病以外 1,595 - - - - -
外傷治療数(延べ) 6,162 151 1,409 1,652 972 10,346
検査総数 28,404 0 9,505 9,970 1,854 49,733
【検査内訳】
血液一般
3,491 0 1,764 1,672 412 7,339
尿 2,956 0 1,148 1,889 381 6,374
便 2,256 0 1,451 2,243 632 6,582
好酸菌 638 0 34 5 0 677
マラリア リーシュマニア 2,353 0 4,839 3,869 207 11,268
その他 16,710 0 269 292 222 17,493



医療事業関係職員:125名
(2004月07日現在)
・パキスタンプロジェクト:66名
・アフガンプロジェクト:52名
・日本人ワーカ:7名

医師…22名
看護…39名
検査…11名
ワークショップ…2名
薬局…2名

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
医療事業トップへ>>>

80号中村医師の記事を読んでみる>>>

ホームへ 連絡先 入会案内