2007年度の医療事業報告
及び2008年度の計画

ペシャワール会現地代表・PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
中村哲
ペシャワール会報96号より
(2008年06月25日)


1.医療事業

 政情の変化を受けて、活動が大幅に制限された。アフガン側ではペシャワールからの外国人の陸路交通が禁止され、連絡が途絶えがちになった。また、「乳幼児死亡率を下げる」として、矢継ぎ早に出されたアフガン保健省の方策は、分娩室の設置を求めるなど、家庭出産が普通である山村の診療所に合わず、多少の混乱があった。
 それでも、ダラエヌール診療所は西野医師らの常駐によって、著しく改善された。07年度はPMS基地病院を中心に、ダラエ・ヌール診療所で27,263名が診療された。

 一方ペシャワールのPMS病院は、2007年4月にパキスタン政府から出された事実上の閉鎖要求で、一時混乱したが、結局「2009年12月に難民を完全に帰すまで存続し得る」という許可を得た。
 余裕を与えられて、現在ジャララバードへの移転が少しずつ準備されている。
 しかし、一時取りざたされたように、決して閉鎖ではないことを強調したい。東部アフガンとパキスタン・北西辺境州は事実上一体であって、患者たちは簡単に国境を越えてやってくる。少なくともハンセン病患者診療については、日本が自衛隊を派遣せぬ限り、考えられるほど大きな影響が出ることはない。


各診療所の診療数と検査数の内訳
国名 パキスタン アフガニスタン  
地域名 ペシャワール市内 チトラール地域 ニングラハル州  
病院・診療所名 PMS病院 ラシュト診療所 ダラエ・ヌール
診療所
総数
外来総数 33,691 1,985 27,263 62,939
【外来の内訳】
一般
32,620 1,983 26,258 -
ハンセン病 74 1 0 75
てんかん 528 0 230 758
結核 167 0 0 167
マラリア 302 1 775 1078
入院総数 995 0 - 995
【入院患者の内訳】
ハンセン病
98 0 - 98
ハンセン病以外 897 0 - 897
外傷治療総数 3,471 82 1,165 -
手術実施数 0 0 - 0
リハビリテーション実施数 5,029 0 - 5,029
サンダル・ワークショップ実施数 9 0 - 9
検査総数 15,391 0 1,056 -
【検査内訳】
血液一般
2,810 0 94 -
尿 2,828 0 136 -
便 2,126 0 101 -
らい菌塗沫検査 114 - - 114
抗酸性桿菌 408 0 8 456
マラリア血液フィルム 1,409 - - -
リーシュマニア 78 - - 78
生化学 1,303 - - 1,303
レントゲン 675 - - 675
心電図 205 - - 205
超音波断層写真 1,131 - - 1,131
心エコー 0 - - -
病理組織検査 26 - - 26
細菌 0 - - -
体液(髄液・胸腹水等) 10 - - 10
その他 2,268 0 - 2,268
内視鏡 0 - -


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
医療事業トップへ>>>

96号中村医師の記事を読んでみる>>>

ホームへ 連絡先 入会案内