2004年度の医療事業報告
及び2005年度の計画

ペシャワール会現地代表・PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
中村哲
ペシャワール会報84号より
(2005年06月29日)

2004年度は、ダラエピーチ診療所(沖縄ピース・クリニック)、ワマ(ヌーリスタン)診療所の2つを失った。 その顛末は会報83号に紹介したので繰り返さない。 これが軍事活動=復興支援の結末かと、病院職員一同が悲しみ、寒々とした気分にならざるを得なかった。 だが、住民の陳情に応えて、「一時撤退」の姿勢を崩していない。 長期的には、住民に必要とされる限り、戻るつもりである。

パキスタンのラシュト診療所、アフガニスタン・ダラエヌール診療所はこれまで通り。 特に唯一残されたアフガン側の診療所では、地域全体をPMS管轄とし、より質の高い診療充実を目指している。
ペシャワール基地病院は、数少ないアフガン難民の診療施設として、逆に重要性を増している。 殆どの医療団体と医師層がカブールに移ったにもかかわらず、貧困な難民層は依然としてペシャワールにも多数存在する。 また、ハンセン病の合併症をまともに診療できる施設が皆無の中、他病院と競合せぬよう、皮膚・神経疾患を重点的に診られるよう配慮している。 年度実績は下記表の通り。


表1.各診療所の診療数と検査件数の内訳
国名 パキスタン アフガニスタン  
地域名 ペシャワール市内 チトラール地域 ニングラハル州 クナール州 ヌーリスタン地域  
病院・診療所名 PMS病院 ラシュト診療所 ダラエ・ヌール
診療所
ダラエ・ピーチ
診療所
ワマ
診療所
総数
外来総数 39,675 4,754 43,747 31,519 10,228 129,923
【外来の内訳】
一般外来
38,662 4,745 40,765 29,596 9,877 -
らい 75 2 1 6 0 -
てんかん 699 1 261 90 10 -
結核 63 0 17 2 0 -
マラリア 176 6 2,703 1,825 341 -
入院総数 1,291 0 0 0 0 1,291
【入院患者の内訳】
らい
169 - - - - -
らい以外 1,122 - - - - -
外傷治療総数 4,239 157 773 1,591 1,530 8,290
手術実施数 33 - - - - -
検査総数 24,568 2 7,282 7,291 355 49,733
【検査内訳】
血液一般
2,926 - 1,032 909 30 -
尿 2,865 - 1,215 1,343 65 -
便 1,904 1,125 1,478 112 -
抗酸性桿菌 293 - 0 76 0 -
マラリア・リーシュマニア 1,785 1 3,231 2,828 148 -
その他 14,795 1 679 657 0 -
リハビリテーション実施数 7,045 - - - - -
サンダル・ワークショップ実施数 117 - - - - -


表3.PMS病院での検査数の内訳
検査総数 24,568
【検査内訳】 血液 2,926
尿 2,865
便 1,904
らい菌塗沫検査 113
他の抗酸菌検査 293
マラリア血液フィルム 1,696
リーシュマニア 89
生化学 3,012
レントゲン 3,895
心電図 768
超音波断層写真 768
心エコー 214
病理 0
細菌 0
体液(脳脊髄液・腹水等) 24
その他 2,052
内視鏡その他 542


2005年度の事業計画

ペシャワール基地病院はハンセン病および類似疾患、皮膚―神経疾患に重点を置いて改善し、診療の量よりも質を高める方針をとる。アフガン内のダラエヌール診療所は、渓谷全体の人口をより充実して診療し、モデル・ケースとなるよう集中する。医師数は激減したが(8名)、活動地域の縮小があり、十分可能である。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
医療事業トップへ>>>

84号中村医師の記事を読んでみる>>>

ホームへ 連絡先 入会案内