食糧配給メインイメージ
Top» 現地活動» 食糧配給

食糧配給

9.11以降同時多発テロ、経済制裁のため、アフガニスタンでは厳しい冬を目前に食糧難に見舞われました。そのため現地の主食であるナンの原料である小麦粉と油を配給し、15万人の手に食糧が渡りました。

記録

現地報告
2001年~ワーカー達による現地での日々の記録です。食糧配給当時の記録は現地報告2001年をご覧ください»

食糧配給活動のあゆみ

2001年

9月11日、米国ニューヨークの世界貿易センタービルに2機の民間航空機が突入。
10月8日、米英軍がアフガニスタンへの大規模空爆を開始。 9日、PMS副院長を中心としたスタッフが食糧配給計画の調査のため、アフガニスタンに入国。12日、ペシャワール会がアフガニスタンへの食糧配給計画「アフガンいのちの基金」を発表。20日、ペシャワールからの食糧輸送第一便が国境を越えアフガニスタン・ジャララバードに到着。23日、ジャララバードで食糧配給を開始。30日、カーブルでの食糧配布を開始。
2002年事業報告書は"迫り来る飢餓と無政府状態"»にて掲載
2002年

1月8日、ペシャワールからの食糧輸送便が再びアフガニスタン国内に入国
*** 同年2月までで約15万人に配給を完了しました。***