井戸事業メインイメージ
Top» 現地活動» 井戸事業

井戸事業

井戸事業は2000年、アフガニスタンを含む中央アジア全域で深刻な旱魃が拡大していたため、医療事業と並行してアフガニスタンでの水源確保事業を開始しました。

記録

写真アルバム 1
水源確保事業2000年より»
写真アルバム 2
水源確保事業2003年まで»
井戸の作業地数の推移
2000~2005年»
*井戸事業は2008年に廃止し、水路事業(自立定着村の構想)に統合いたしました
現地報告
2001年~ワーカー達による現地での日々の記録です。井戸事業の記録は現地報告2002年からご覧ください»

井戸事業を統合した自立定着村(=新 試験農場)について

水路事業に携った農民や職員が、自活しながらその経験を活かし、長い年月を要する用水路の維持・管理を世代から世代へと繋げていく計画です。計画内容は、会報特別号"ここにこそ動かぬ平和がある"»をご覧ください。2002年4月から実施し、まずモデル地区としてダラエ・ヌール渓谷に試験農場(=パイロットファーム)を置き、これを継ぐ新試験農場として、用水路の最終地点であるガンベリ沙漠に約200ヘクタールの農地を開墾します。

井戸事業のあゆみ

2000年

6月、アフガニスタンを含む中央アジア全域で深刻な旱魃が拡大していたため、医療事業と並行してアフガニスタンでの水源確保事業を開始。井戸の掘削を中心にカレーズ(伝統的地下水路)修復に取り組んだ。
2001年

6月、ダラエヌールで灌漑用の大井戸に着手し、2003年9月までに5基が完成。アフガニスタン・パキスタン国境のトルハムでも井戸掘削工事が開始。8月、PMS水源確保事業による掘削井戸が600ヵ所を超えた。2002年事業報告書は"迫り来る飢餓と無政府状態"»にて掲載
2003年

2月、アフガニスタン・パキスタン国境トルハムのPMS掘削井戸(2基)完成。6月、水源確保事業の作業地が1,000ヵ所を突破。
2005年

3月、井戸部門の縮小を決定。井戸の地元住民への譲渡開始。
2006年

4月、井戸1600ヵ所、カレーズ38ヵ所を達成、飲料水源事業を全面停止。
2017年

5月、ナンガラハル州ソルフロッド地方で水源確保事業(井戸)を建設(同年12月竣工)。100軒(約1000人)に給水。