ペシャワール会報メインイメージ
Top» 会報&歳時記ほか» ペシャワール会報

ペシャワール会報

会員の皆様に活動報告をするため年4回お送りしているペシャワール会報から記事を一部ご覧いただけます。*掲載日は発行からおよそ1ヶ月後になりますことをご了承ください。尚、83号以前は全記事を公開しております)
会報147号(2021年4月1日発行)New!
中村医師念願のバルカシコート堰建設が始まりました»(PMS支援室)
日本からの貴重な支援金、大切に使っています(ジアウル ラフマン)
診療所で働くことは私の誇りです(モハマッド アーベット)
ドクターサーブ中村の記念塔も造りました(モハマッド カーヘル)
中村先生の教えは常に私たちと共に(アルサラ カーン)
中村先生との46年間 その2(村上 優)
PMS技術支援チームに参加して(大和則夫)
【中村哲医師講演】沙漠を緑に ―川崎市での講演から⑤
【カラー連載】マルワリード用水路を行く⑨ L地区(13,017~14,367m地点)
【カラー報告】2020年12月、バルカシコート堰着工!
会報146号(2020年12月9日発行)
中村先生、PMSとペシャワール会の一年の報告です»(村上 優)
中村先生と共に働いています ―PMS活動報告(ジア ウルラフマン)
マルワリード堰・用水路改修計画について(ディダール ムシュタク)
人々に水を届けるために(ガミ)
「マルワリードⅡ堰・用水路」流域の村民の声
菜の花畑と子供たち和也の十三回忌に(伊藤 順子)
【中村哲医師講演】沙漠を緑に ―川崎市での講演から④
【カラー報告】マルワリード堰・用水路改修計画
【カラー連載】マルワリード用水路を行く⑧ J・K地区(10,187~13,017m地点)
会報145号(2020年10月7日発行)
ガンベリ農場の現在 ―ドクターサーブナカムラの計画通りに»(ジアウル ラフマン)
百年に一度の大洪水 ―村人に笑顔が戻るまで(ディダール ムシュタク、ファヒーム シェルザド)
新型コロナウイルス感染症に罹患(ハフィズラー カニ)
中村哲先生との四六年間(村上 優)
◎中村哲医師を偲んで
ペシャワールの思い出 ―私の哲物語(喜多 悦子)
【中村哲医師講演】沙漠を緑に ―川崎市での講演から③
【カラー報告】マルワリード用水路N地区で鉄砲水発生
【カラー特集】マルワリード用水路を行く⑦ I地区(7,187~10,187m地点)
【カラー報告】】ガンベリ公園に中村哲医師の記念塔が竣工しました
会報144号(2020年8月5日発行)
中村哲先生が歩んだ道を私たちも歩む ―2019年度現地事業報告»(村上 優)
2019年度会計報告(ペシャワール会事務局)
新型コロナウイルスによる更なる困難の中で(ジア ウルラフマン)
ドクターサーブ中村の意志を継いで生きていきます(ハッジ デラワルハーン)
忘れがたい思い出 ─空爆下の食糧配給(グラム サヒ)
◎中村哲医師を偲んで
日常の平和の大切さを行動で示された中村先生(佐藤耕造)
朝倉市とアフガニスタンの懸け橋・中村哲医師(下)(徳永哲也)
【中村哲医師講演】沙漠を緑に ―川崎市での講演から②
【カラー連載】PMS現地事業の近況―コロナ禍のアフガニスタン
【カラー特集】マルワリード用水路を行く⑥ H地区(4,776~7,187m地点)

会報143号(2020年4月8日発行)
中村先生の希望を引き継いでいきます»(村上 優)
チーム・ナカムラとして活動再開(ジア ウルラフマン)
◎中村哲医師お別れ会
皆様への感謝と父の思い出(中村 健)
中村医師が指し示すもの(村上 優)
◎中村医師を偲んで
中村先生の存在をいつも胸に(モハマド ファヒーム シェルザド)
少年時代から繊細でスケールの大きかった中村君(藤井健児)
朝倉市とアフガニスタンの懸け橋・中村哲医師(上)(徳永哲也)
【中村哲医師講演】沙漠を緑に―川崎市での講演から①
【カラー連載】PMS現地事業の近況
【カラー特集】マルワリード用水路を行く⑤ F・G地区(3,766~4,776m 地点)
2016~2020年(127~142号)» 2011~2015年(107~126号)» 2006~2010年(87~106号) » 2002~2005年(74~86号)  »