中村 哲 /なかむら てつ


氷河の流れのように  中村 哲

視察をする中村医師


農村や下町に行けば、そこには殆ど昔と変わらぬ人々の生活がある。そして我々の活動も、これらの人々の涙や笑いと共にある。何世紀も営まれてきた人々の暮らしが、たかだか10年やそこいらのプロジェクトで変わるものではない。しかも、俗にいう「進歩」や「発展」が本当にこの人々の幸せにつながるかどうか、私は疑問に思っている。

我々の歩みが人々と共にある「氷河の流れ」であることを、あえて願うものである。その歩みは静止しているかの如くのろいが、満身に氷雪を蓄え固めて、巨大な 山々を確実に削り降ろしてゆく膨大なエネルギーの塊である。我々はあらゆる立場 を超えて存在する人間の良心を集めて氷河となし、騒々しく現れては地表に消える小川を尻目に、確実に困難を打ち砕き、かつ何かを築いてゆく者でありたいと、心底願っている。

「ペシャワールにて」(増補版・あとがきから)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

山岳部で診療する中村医師

【略歴
ペシャワール会現地代表:PMS(ピース・ジャパン・メディカル・サービス)総院長。
1946年福岡県生まれ。九州大学医学部卒業。国内の病院勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州(現:カイバル・ パクトゥンクワ州)の州都ペシャワールのミッション病院ハンセン病棟に赴任しパキスタン人やアフガン難民のハンセン病治療を始める。
その傍ら難民キャンプでアフガン難民の一般診療に携わる。1989年よりアフガニスタン国内へ活動を拡げ、山岳部医療過疎地でハンセン病や結核など貧困層に多い疾患の診療を開始。2000年からは旱魃が厳しくなるアフガニスタンで飲料水・灌漑用井戸事業を始め、2003年から農村復興のため大がかりな水利事業に携わり現在に至る。
専門=神経内科(現地では内科・外科もこなす)


【受賞歴
1988年 外務大臣賞(外務省)
1992年 毎日国際交流賞(毎日新聞)
1993年 西日本文化賞(西日本新聞)
1994年 福岡県文化賞(福岡県) *ペシャワール会
1996年 厚生大臣賞(厚生省)
1996年 読売医療功労賞(読売新聞)
1998年 朝日社会福祉賞(朝日新聞)
2000年 アジア太平洋賞特別賞(毎日新聞・アジア調査会)
2001年 第7回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞
       (『医者井戸を掘る』)
2002年 日本ジャーナリスト会議賞(日本ジャーナリスト会議)
2002年 若月賞(長野佐久総合病院)
2002年 第1回沖縄平和賞(沖縄県) *ペシャワール会
2003年 大同生命地域研究特別賞(大同生命保険株式会社)
2003年 マグサイサイ賞「平和と国際理解部門」
2004年 アカデミア賞 国際部門(全国日本学士会)
2004年 イーハトーブ賞(岩手県花巻市)
2008年 第3回モンベル・チャレンジ・アワード受賞(モンベルクラブ・ファンド)
2009年 福岡市市民国際貢献賞(福岡市) *ペシャワール会
2009年 農業農村工学会賞 (旧農業土木学会)
     (The Japanese Society of Irrigation,Drainage and Rural Engineering.)
2010年 アフガニスタン国会下院 表彰
  2013年 福岡アジア文化賞大賞受賞
2013年 第61回菊池寛賞
2016年 秋の叙勲で「旭日双光章」受章
2017年 第8回KYOTO地球環境の殿堂入り
2018年 アフガニスタン国ガニ大統領より、ガジ・ミール・マスジッド・カーン勲章授与
2018年 農業農村学会 メディア賞受賞「DVD アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」**
2018年 平成29年度土木学会 技術賞授賞 

  *ペシャワール会として受賞
** 日本電波ニュース社及びペシャワール会授賞

【著書】

『ペシャワールにて』『ダラエ・ヌールへの道』『医は国境を越えて』『医者井戸を掘る』『辺境で診る辺境から見る』『医者、用水路を拓く』(石風社)
『アフガニスタンの診療所から』(筑摩書房)
『ほんとうのアフガニスタン』(光文社)
『医者よ、信念はいらない まず命を救え!』(羊土社)
『アフガニスタンで考える -国際貢献と憲法九条-』(岩波書店) 他多数

>>>書籍・DVDの紹介

Topページへ 連絡先 入会案内